プロフィール


 本郷毅史  Tsuyoshi Hongo

 写真家 農家

「いちばん遠い場所」から生まれ育った場所へ帰る旅として、1999年から3年5ヶ月かけて、アフリカの喜望峰から日本まで自転車で旅をする。その後意識はより源へと向かい、2007年から日本各地の河川をさかのぼり、水源域の写真と映像を撮影している。生命の源であり、生活の原点でもある水源域の撮影を通して、人間と自然の関係を探る。2016年から長野県木崎湖畔でお米を作り始める。